BLOG

2022/04/17 10:32


廾丯巛(きょうかいせん)は、2021年12月に開設された私塾です。講師の専門である現代美術と生活学に関するレクチャーを軸としつつ、受講者からのさまざまな質問や相談に回答する形で講義をすすめています。一般的にはあまり知られていない現代美術の思考方法を生活に応用したり、また参加者の皆様の生活の中の気づきを現代美術の分野に参照しながら、生きていくことを考える場所にしていきます。

また、なかなか1人では行きずらい美術館やギャラリーなどへ、講師とともにツアー形式で訪れ、展示作品、作品を囲む空間、空間を囲む建物、建物を囲む街並などについて感想を交換する試みをおこなっております。さらに、有識者によるトークも開催し、議論の場所づくりを行なっております。開催周期はおおよそ週1回程度とし、下記3つのプログラムのいずれかを行います。


[ Talk ] ・・・ 講師とゲストの対談


[ Walk ] ・・・ 展覧会の合同見学会


[ Chalk ] ・・・ 通常講義


いづれのプログラムにおいても、知識や思想といった近代的な知の教授というよりは、行き詰まっている物事の具体的な解決策やヒントを見つけるために、アーティストの表現活動を概観するものです。また、このほかにも、参加者の方からの質問にお答えする/ともに考える時間を設けています。これまでの質問例として、「美術展にいっても何をみたらいいかわからない」「美術作家はどうやって食べているのか?」「写真家になりたいが、どうしたら作品が売れるか?」「編集者になりたいが、なにをしたらいいか?」「デザイナーにつくってもらったものに納得がいかなかったが、どうしたらいいか?」などがあり、レクチャー時間内で回答したり、個別相談という形式をとっています。


講師がこれまでなんとか生きてこられたそのサヴァイバルの方法は、学校教育の内外でいろいろな先人から教わってきたものです。それらは多くの皆様にとってもきっと有益な情報になると思っています。お金や時間のマネジメントの方法や、人との対話の方法、場所の作り方、家族との向き合い方、そのような全ての生活を作品化してきた講師による私塾を、ぜひ一度のぞきにきてみてください。

PICK UP

Kohei Sasahara Works 2007 - 2019

Kohei Sasahara Works 2007 - 2019

VIEW DETAIL